So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

読書のすすめ2015の1 [本]

一年ぶりの書き込み(アップ)です。
人生いろいろ・・・歌にもありますが、本当にそうですね。
詳しくは、後ほど。

1.殉愛(幻冬舎)百田尚樹

殉愛.jpg

 今更ながらの本ですが、「殉愛」です。
 関西では伝説のテレビマン、芸能人やしきたかじん氏の夫人との純愛を色々と話題の百田尚樹氏が関係者の取材をもとに書き下ろした作品。

 女性週刊誌をはじめ、色々と当時は取りざたされたものです。
 
 しかし、この本に書かれていることを本当だとすると(百田氏が半年間ほかの執筆を先送りしたことを考えそう信じる)、これほど深く人を愛し、信じ、自分を犠牲にできるのかとつくずく思わされた。

 夫人のことである。
 
 マスコミは、すべてを報道できない。
 そこには、編集者の意図、企業の作為がどうしても入ってしまう。
 
 一人の人間を一途に愛するとここまでできるのかと、感動した。
 (実は読んだのは、3ヶ月ほど前だが・・・、その気持ちは今も同じ)

 実は、百田氏の本はこれが初めてなんです。
 噂先行、マスコミ誘導 そのような作品は嫌だったのですが、図書館で予約して半年間待って読めた作品です。
 
 実は最近、「殉愛」という言葉の意味はなんなんだろうと思い、図書館で広辞苑で調べましたが、乗っていませんでした。
 「殉死」「殉職」とかから想像する造語かなとも思いましたが、他にあるかもしれません。

 私は、仕事がら絶対というものはほぼ無いと、クライアントさんに言います。
 唯一あるのは、生きとし生けるものは必ず「死」を迎えることだけだと。

 ロジックに生きたいと日々生きている私にとって、愛というエモーショナルのものにここまで尽くせるかと感動しました。
 機会があったら、是非一読をお勧めします。


 久しぶり何で、きっと乱筆乱文です。m(__)m
 一年以上ここにはログインしていませんでした。
 それでも10人以上の方が引き続き登録してくださいました。
 ありがとうございます。(T_T)
 
 ログインしなかったことについては、後日追記で書きます。
 シーカヤックの兄貴、仙台の姉貴・・・俺は手術する決意をしました。(^_^;)
 正式に決まったらどこかで・・・

 酔いに任せた乱筆にてごめんなさい。


 
nice!(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読書のすすめ2014の1 [トムクランシー]

ライアンの代価4(新潮文庫)トム・クランシー

ライアンの代価4.jpg

トム・クランシーという作家をご存じだろうか?
アメリカの作家で「レッド・オクトーバーを追え」がデビュー作のアメリカのノンフィクション作家である。

残念ながら、昨年の10月1日に66歳の若さで亡くなっている。
私がこの人の作品に初めてあったのは、「日米開戦」という1994年に発売され、日本では平成7年12月の発売された作品である。

日米開戦.jpg

日米貿易摩擦により、アメリカ側が一方的に決めた法律に端を発して日本のある経済界の一人が指導し、自衛隊等を巻き込み、戦争一歩手前までに進展する物語である。

そのラストで、日本航空のパイロットがアメリカの国会議事堂に日本航空の飛行機で突っ込みます。

このことが、のちの9.11テロの見本になったのではないかとネット上で話題にもなりました。
アメリカの象徴的な建築物に、飛行機で自爆することを描いたのですから。

この前の前の作品(日米開戦)では、アメリカの国会議事堂に日本航空機の飛行機が突撃し、大統領及び多くの国会議員を亡き者にしてしまっています。

この作家の代表的なシリーズのライアンシリーズがあります。
今回ご紹介するものは、その作品の一部です。
この作品では、ライアンの息子が、主人公です。

インドとパキスタンが核兵器を所持していることは、世界の常識ですがその核兵器(核爆弾)をめぐってイスラム過激派が、今でいう「イスラム国」を建設しようとして、パキスタン、インド、ロシア、そしてアメリカを巻き込んだ諜報戦を展開する。

その中に、アメリカの次期大統領の息子がいて、読んでいて飽きない展開となっております。
クランシーは、常に世界の異変に基づいた作品を発表しており、読者を飽きさせない。

世界的な諜報活動、たとえば佐藤優氏の本のフアンであるならば是非読んでほしい一冊である。


nice!(23)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

復活か(笑) [ホリエモン]

ほぼ一年ぶりの書き込みです。
年内には、つまらない書き込みを数件しましたが、削除したり・・・でしたね。

今年は、50歳代の男の本を中心にアップする予定でしたが(笑)

刑務所わず (文芸春秋) 堀江貴文

ホリエモン.jpg

堀江貴文氏、ホリエモンには「金の亡者」とか必ず負のイメージが付きまとうと自分では思っている。
しかし、選挙に出馬するまでの堀江氏のことを私は好きだ。

事柄、事象を客観的にとらえビジネスにはどれがいいか、そしていち早くインターネットに注目し、その後時代の、マスコミの中心に駆け上がっていく。

やりすぎな部分はあったが、自分の好きなことをビジネスにして成功した素晴らしい人物とも思う。

地方政治に密着し、国会議員さんとも交友関係を多少持ったことのある自分としては、こりゃやり過ぎだなと常々思っていたがついには、お縄になってしまった。

そんな堀江氏が、獄中の生活を綴ったのが、本書の前の「刑務所なう」シリーズ2巻である。

今回紹介する、わずは、保護観察も解けて初めて獄中の生活を本当に語っているもの。

堀江氏は、刑務所の工場で高齢者や身体障害者の工場にともに配属になる。
そのなかで、感じた刑務所生活、入所者のことなど、私たちが思い描いている刑務所とは違う、実際に入ったものでしか味得ないことを書いてあると思った。

ある意味、笑え、そして考えさせらる一冊。

軽い気持ちで読むと、日本の犯罪再犯についてちょっと考えさせられる。
そんな一冊。
おススメです。


刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話

刑務所わず。 塀の中では言えないホントの話




nice!(25)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ほぼ8ヶ月ぶりの更新です。 [自由]

 暑い日々が続きますね。
 ブログを放置してしまってから、約7ケ月。
 
 それでも訪れている方に感謝。
 また、コメントも返さないままで申し訳ない。 m(__)m

 この間に色々ありました。
 記事を更新するきっかけは親族の不幸です。
 
 実は嬉しいことに仕事が忙しくてブログのことはさておきとか思っていたのですが、今月の上旬に父が旅先(長野県)にて突然倒れ二日後に亡くなりました。
 
 仕事が忙しくとも、本は読んでいたのですがブログにアップするには自分なりに色々考えておりまして、考えがまとまらないうちに次にお仕事・・・とかしておりました。
 そんなさなかの父(義父)の突然死です。
 当然、仕事は全部キャンセルし、同僚に全面委託。
 少し、考える時間が出来ました。

 私は常々、この世の中で絶対ということは、「生きているものは必ず死ぬ」。
 このことだけだと言っておりました。
 しかし、いざ自分の近くで起きると受け入れるのに時間が必要でした。
 (当たり前といえば当たり前ですよね)

 死といえば、私が好きな作家で、何度かこのブログでもご紹介した渡辺淳一氏も亡くなりましたよね。
 ただただ唖然でした。

 その時、ふと思ったのです。
 自分って何か、自分の生きた証を残せるのかなって?
 
 もしかしたら、俺にとってはこのブログしかないのかも・・・

 これから少しずつ更新していきます。
 お気に召したら、ちょっと読んでください。


 

 
nice!(20)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

今年もいよいよ押し迫ってまいりました。 [本]

これを書いている時点で今年もあと2日。
押し迫ったものです。

先日お友達(笑)と今年の目標がなんだったのか、そして来年の目標は?
などと会話しておりました。

振り返ってみると自分の今年は「減量」だったかなと。
1月8日から始めて6月中旬までにマイナス20kgを達成して、中休みをしていますがほぼ維持しております。
そして来年もとりあえずあと10kg落そうと思っています。

減量するのも大変ですが、維持していくもの結構大変ですね。
今年、そう思いました。
改めて見てみます。これです。

自分のHPに掲載している(一年以上更新していません・・・)写真です。

前の俺.jpg

6月の時の私。

今の俺.JPG

結構違いますね。(爆笑)\(゜ロ\)ココハドコ? (/ロ゜)/アタシハダアレ?

そしてこのブログの更新が著しく滞ったこと。(-_-;)

それで今回は紹介しようと思っていたのですが、紹介できなかった若しくは今後ご紹介したいと思っている本をちょっとだけ紹介。






小堺氏の本です。
中小企業、個人事業主の人には読んでほしい本です。
いつかご紹介しますが、税務申告書類の数字と実際の経営の数字の違いとか知っていたほうが良いこと満載だと思うな。
私もコンサルタント的な事もやっていますが、お客様に進めております。


拝金

拝金

  • 作者: 堀江 貴文
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2010/06/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



堀江氏の本です。
ニッポン放送事件のことをベースにしている小説です。
ただここに書いてあるような黒幕がいたのかどうかはわかりませんが、読んでみるのもいいかも。


私の財産告白

私の財産告白

  • 作者: 本多 静六
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2005/07/10
  • メディア: 単行本



本多静六氏の告白記です。
絶対おすすめ。
資産形成の基本は実にシンプル、そのことを教えてくれます。
ただ、本多氏の時代と今は違うのでこの本に書いてあるとおりには行きませんが・・・

しかし、考え方は100%おススメ。
いつかはアップします。


そしてここからはおススメでない本の一部を・・・


イン ザ・ミソスープ

イン ザ・ミソスープ

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: 読売新聞社
  • 発売日: 1997/09
  • メディア: 単行本



大好きな村上龍氏の作品だが、これはアカン。
日本に来た奇妙は外国人が起こす事件にまつわる話だが、ちょっとね・・・
タイトルにあまり騙されないように(笑)



嫉妬の世界史 (新潮新書)

嫉妬の世界史 (新潮新書)

  • 作者: 山内 昌之
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2004/11
  • メディア: 新書



心理学にこっているときに読んだ本。(今も読んでおりますが)
日本ははじめ諸外国の有名人、歴史上の人物、特に男の嫉妬について書いております。
個人的には、森鴎外が軍医だったという事実を知ったのが唯一の収穫か・・・

男の嫉妬は、出世などが絡むことが多く酷いです。


まだまだ、紹介したい本はたくさんあるので、これからも頑張ってみます。(笑)
今年一年ご拝読いただき誠にありがとうございました。m(__)m
拙い文章ですが、来年も続けるつもりなのでよろしくお願いいたします。

最後に、来年には10,000niceを達成したいな。
頑張ります。
それでは[手(パー)]

nice!(33)  コメント(21)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読書の時間 ’13の33 [本(手嶋龍一)]

33 ブラック・スワン降臨(新潮社)手嶋 龍一 ☆☆☆☆☆

 9.11(アメリカ同時多発テロ)から、3.11(東日本大震災/福島第1原発事故)までのことをインテリジェンスの側から追っている著作。

ブラック・スワン降臨.JPG


 今まで何冊かインテリジェンス本と呼ばれているものを紹介してみたが、「インテリジェンス」についてちょっと書いてみたいと思う。

 この本の中でも、書かれているが一般に「インテリジェンス」というと情報と訳されることが多い。
 私も気になったので、図書館で調べてみた。(@_@;)
 調べてみた広辞苑(第6版)によると
 ① 知能。知性。理知。
 ② 情報。

 手嶋氏も言っているが、手嶋氏などがインテリジェンスと言っているものは、「単なる極秘情報ではなく、国家指導者の最終決断の拠り所となる選り抜かれた情報」のことである。
 これは、佐藤優氏も同じ意味で使っていると思う。

 佐藤氏は直接情報を得てくる側、手嶋氏はその情報は得たものから時間を得て得る側だが、対談などを読んでいるとかなりの点で過去の事象について情報が一致している。
 いかに手嶋氏の情報ソースが良いものかがうかがわれる。

 
 話がずれるが、先ほどの国会で「特定秘密保護法」(通称)が通過した。
 国民の意見が2分した問題の法律だが、この本を読んだ後だと「外交」 「防衛」については絶対必要だと痛感する。

 P.114に書かれていたが、同時多発テロ発生時にアメリカ国務省は副大統領とともに地下に潜伏した。
 大統領に万が一のことがあった場合に備えての当然の行為である。
 そして、同盟国には国務省の移転先を伝えた。
 当然、日本の外務省にも連絡があったのだという。

 当時の日本の外務大臣はというと・・・
 田中真紀子氏であった。
 こともあろうか田中外務大臣は、記者団の取材に国務省の潜伏先を公表したのだという。\(◎o◎)/!

 ありゃりゃ。
 こんなことでは、同盟国をはじめ諸外国は情報をくれなくなりますよね。
 
 3.11のときも民主党政権の対応ぶりの不味さがつぶさに書かれている。
 (別に反民主党ではありません(笑))
 当時の日本の政府は国民が混乱する?とか言ってスピーデイーとかの情報も公表しなかったけど、アメリカをはじめ諸外国は自国民に原発から80km以上避難しろとか正しい情報を伝えている。

 正しいインテリジェンスが、国の政権に集まってきてもそれを判断する首脳部が戴けないということをいうことを我々は痛感した。
 
 私に言わせると、国家とは最低限の責任として「国民」「国土」を守ることがあると思う。
 今の政権には最低限このことを願っている。


 




 1980年代のFSX導入に関する騒動のこの本もお勧めです。

 FSX.JPG

 FSX裏表紙.JPG

 
たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て (新潮文庫)

たそがれゆく日米同盟―ニッポンFSXを撃て (新潮文庫)

  • 作者: 手嶋 龍一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2006/06/30
  • メディア: 文庫




 それでは[手(パー)]

 今日(23日)は朝から仕事なのでこれから行って来ます。
 寒~い(@_@)

こんな本も読みました(笑)


nice!(51)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読書の時間 ’13の32 [本(貴志祐介)]

32 雀蜂(角川ホラー文庫)貴志祐介 ☆☆☆☆


雀蜂.JPG


「悪の教典」などで有名な作家、貴志先生の新作です。

題名の通り、スズメバチが登場してくる物語。
以前スズメバチのさされたことのある作家が、アナキラシ―ショックへの恐怖と戦いながら、何故かわからないが自分の別荘に入り込んでいる蜂と戦います。

ラスト20数ページのどんでん返しにはビックリですが、今までの(私が読んだ作品の中では)ものと比べるとボリュームが少ないせいか、強引な終わり方にも思えました。

でもやっぱ貴志先生の作品[exclamation×2]
一気読みでした。
過大な期待をせずに読んだほうが良いです。

12月9日(夜)に追記です。m(__)m

本の裏表紙に書かれているものをアップします。

雀蜂(裏表紙).JPG

これを読んでいただけると良くわかると思います。
申し訳ない。m(__)mm(__)m



雀蜂 (角川ホラー文庫)

雀蜂 (角川ホラー文庫)





どんでん返しといえば、この本も

セカンド・ラブ.JPG

セカンド・ラブという本。乾くるみさんの作品です。

最近ブログで、妻へセカンドラブですなどとのたまわっている俺(笑)

図書館で本を探しているときになんとなく目に入ってお借りし読んでみました。
今回紹介した「雀蜂」とは内容は大きく違いますが、ラスト20数ページでのどんでん返しには・・・・

私としては、主人公の純愛?にしたりきっていたので、ビックリでした。
ちょっと悲しい話に思えました。


時間があれば読んでみてください。

それでは[手(パー)]
セカンド・ラブ

セカンド・ラブ

  • 作者: 乾 くるみ
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2010/09
  • メディア: 単行本



本の解説が下手なもので、詳しく知りたい方は、AMAZONなどであらすじを読んでみてください。m(__)m
nice!(53)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

皆さんに聞きたいことが・・・ [自由]

ソネブロに復活して以来好きなブロガーさんの記事をゆっくり読んでいます。
その中でちょっと気になったことがあり、自分では・・・だったので博識な皆さんにお伺いしたいと思います。

それは・・・「銀婚式」。

自分の場合、平成元年の2月に結婚したのですが、今年の結婚記念日で「銀婚式」だったのか?
それとも来年の2月?

歳の数え方の「数え」と「満」のような違いの気もしますがこういったものは良くわかりません。

自分としては、目指せ「金婚式」(笑)なのでそれほど気にしないのですが、記念日好きの妻はやはり気にしている???

なんせ、いまだに初デート記念日とか生きておりますので(;一_一)

もし、お詳しい方がいれば教えてくださませ、よろしくお願いいたします。m(__)m



nice!(53)  コメント(29)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読書の時間 ’13の31 [本(手嶋龍一)]

31 ウルトラ・ダラー(新潮社)手嶋龍一 ☆☆☆☆☆

ウルトラ・ダラー.JPG


ウルトラ・ダラー

ウルトラ・ダラー




この本の作者、手嶋龍一氏をご存じだろうか?
この方です。

手嶋龍一.jpg

アメリカでの同時多発テロ、9.11の時にNHKのワシントン支局長で、NHKの画面に出ずっぱりで情報を伝えた人です。
現在は某大学で「インテリジェンス論」を教えているようです。

佐藤優氏の本を読んでいて、共著の本がありそこで初めてこの本のことを知りました。

自分的にはおもろいです。

内容はざっくりいうと、北朝鮮が「ウルトラダラー」(精巧なドル札の偽札)を作るために、日本から若い職人(技術者)を拉致し、ウルトラダラーをつくり、世界経済等を混乱させる。
それを、イギリスとアメリカの諜報部員等があばくみたいな話。

「北朝鮮による拉致」というテーマもありますが、基本的にはインテリジェンスの話。
国際社会における情報の重要性、そんなものを感じる本です。

表現が下手な私なので、アマゾンなどの説明を読んでいただくといいかも・・・

国際社会において、インテリジェンスがいかに重要か、そんなことを認識できると思います。

佐藤優氏の本が好きなら是非読んでみてはと思える一冊です。


少し前になりますが、アメリカが各国首脳の電話を盗聴していたことがニュースになりました。
情報戦は一層激しさを増すばかりです。
そんな中でこの本は一読の価値あり。

私がおススメする関連本です。


スギハラ・ダラー

スギハラ・ダラー

  • 作者: 手嶋 龍一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2010/02/26
  • メディア: 単行本



ウルトラ・ダラーの続編です。
俺的には☆☆☆☆。


国境のインテリジェンス

国境のインテリジェンス

  • 作者: 佐藤 優
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2013/03/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



言わずと知れた佐藤優氏の「インテリジェンス」本。
おもろい。
ちなみに、私の場合すべて図書館で借りたので、興味を持った方は探してみては?

それでは[手(パー)]


読書の時間’13の30について


nice!(29)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

ブログ再開いたします&何してたのかそして・・・つまらなかった本(笑) [自由]

最終アップが8月15日・・・
so-netブログを開くことさえしなかった約3ヶ月。

ここで再開させていただきます。m(__)m

前回のブログの追記で妻の手術のことを書きましたが、手術は無事終了。
今月上旬より妻は仕事に復帰しております。
ご心配をおかけいたしました。m(__)mm(__)mm(__)m

俺は情けないことに、今回のことで自分に一番なくてはならないものを改めて知ったようです。
遅いかもしれないけれど、間に合ったのかな(笑)

回り道をしたけど、やっぱ妻がいないと俺はダメ。
改めて気づきました。
手術後にいろんな管を着けられた妻を見て、「俺が守らなければ」などと想い、それ以降時間が許す限り妻の元にいました。
面会時間の最高8時間もいたこともあったし、なんだろう・・・
妻が愛しくなって(書くのもちょっと恥ずかしい)妻にまとわりついている。

結婚25年目、俗にいう銀婚式の俺たちだけど、手をつないで買い物もします。

これ以上は書かないことにします(笑)
とにかくお騒がせした妻も、無事元気になりました。
(摘出した臓器を見た時は焦りましたがね)

これから自分のペースで少しづつアップしていきます。
本はずーっと読んでいたので・・・

ありがたいことに仕事も忙しくて、嬉しい悲鳴です。
(ありがとうございます、お客様)

そこで再開に際して普通はおススメの本とか書くのですが、そこはひねくれている俺。
一番つまらなかった本を紹介します。(笑)

コメントの返しもしていないので、これから読ませていただきます。
申し訳ない。





俺にとってつまらなかった本


nice!(20)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。