So-net無料ブログ作成
本(三浦 展) ブログトップ

読書の時間’11の62 [本(三浦 展)]

97 富裕層の財布(プレジデント社)三浦展 ☆☆
「下流社会」を書いた著者の本。
タイトルで買ってあった本です。

富裕層対象ビジネスをしている臼井宥文氏が自社の雑誌「SEVEN HILLS」の購入者へのアンケートが中心となり分析している。

笑っちゃうのが、富裕層を対象にした雑誌ではあるが、当然富裕層でなくても購入しているのに、その意見も含めて、富裕層の・・・としているところ。

年収3,000万円以上、金融資産1億円以上を富裕層と定義しているが、アンケートに答えた人の世帯収入で1,000万円以下の人が5.5%もいること。
失礼だが、私は夫婦共働きだが年収は(2人で)1,500万円くらいはある。

抽出データの5.5パーセントが1,000万円以下の収入ではとても信じられるデータとはいえない。

また、仕事が忙しくてお金を使えないとか・・・

回答者の男性の26パーセントが開業医だという。
データが偏りすぎです。

私が考える富裕層は、早期にリタイアしていて不労所得だけで過ごし、税金対策のために日本での滞在日数を調整するとかしている人たちなのだが。
(日本は属地主義課税なので)

レベルが違いすぎます。

資産が少なくとも、リタイヤして生活費のためには働かないような人たちの話を聞きたかった。(個人的な希望です)

私が判断するに、回答者の大半は中の上、上の下クラスが多いのではないか。

やっぱりこの人の本は読まないほうがいい。

それでは[手(パー)]

読書の時間 ’11 の55 [本(三浦 展)]

90 下流社会第2章 なぜ男は女に“負けた”のか(光文社新書)三浦 展 ☆

 サブタイトルにひかれて購入した本です。
 
 個人的には全然面白くない、ためにもならない。[バッド(下向き矢印)]

 内容的には、筆者の会社が行ったアンケートや大手出版社が行ったアンケートを基にコメントしているだけです。

 職業別、収入別に意識調査を考察しているだけ・・・

 「SPA男」「SMART男」などと銘打っていろいろ書いているが、サブタイトルに書いてある「男が女に負けた」理由が解らない。

 騙された感100%です。

 買わないほうがよい本です。

 今度は良い本に出会えますように[眠い(睡眠)]

 それでは[手(パー)]
本(三浦 展) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。