So-net無料ブログ作成
本(ジャネット・ロウ) ブログトップ

読書の時間 ’12の61 [本(ジャネット・ロウ)]

61 バフェットの投資原則(ダイヤモンド社)ジャネット・ロウ

今ではだれでも知っている?
世界有数の資産家です。
マイクロソフトのビル・ゲイツは知っている人は多いと思うのですが、普通に投資をしている、勉強している人なら知っている有名な投資家。ウォーレン・バフェット氏。

世界の富豪ランキングを毎年発表している「フォーブス」で近年3位以内を維持している。
ビル・ゲイツとも親交が深いらしい。

私が知る限り、20世紀後半における一番偉大な投資家です。
彼の資産は、基本的に株取引で行っている。
これが凄い。

その尊敬するバフェット氏の名言集に近い本です。

色々な本にも書いてありますが、彼の投資スタイルは一貫していて、投資対象になった会社の経営や資産について徹底的に調べる。
それで、合格した時に初めて投資する。
有名なものとしては、コカコーラ、ワシントンポスト等が挙げられます。
本に書いてある彼の言葉で言うならば
「いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これにつきます。」
「誠実で有能な経営陣が率いる優れた企業を見つけ、その内在価値より安い価格で株式を購入する。そして永久に保有する。」

一般に、日本では日経平均株価がどうしたTOPIXがどうしたと騒ぎますが、いざ個人が購入するときは結構衝動的に購入する人が多いと思われます。
購入希望の会社の最低5年間くらいの財務諸表は見てほしい。
それと有利子負債。これが少ないこと。

TVなどで日経平均が下がった時に、街角インタビューなどではこの金額では買えないとか言っていますが、本当に購入するタイミングはみんなが買わないときに買うこと。
倒産する会社ではしょうがないが、事前に上記のことだけでも調べておけば結構良いと思いますよ。
最近だと、ギリシャ危機なんかがそうですね。
全力買いしました。狙ってた会社を。

株式に興味がある人というよりも、初めて1年位の人位にお勧めの本だと思います。

それでは[映画]

えっ、今は何を買えばよいかって。
個人的には今はホールドです。つまり買わない。
元本保証の銀行、郵便局に預けたほうが良い。
あくまでも個人的な意見ですが。



バフェットの投資原則

バフェットの投資原則

  • 作者: ジャネット・ロウ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2005/07/01
  • メディア: 単行本



nice!(15)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本(ジャネット・ロウ) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。