So-net無料ブログ作成
本(小沢一郎) ブログトップ

読書の時間 ’12の92 [本(小沢一郎)]

92 小沢一郎 男の行動美学(プラネット出版)小沢一郎 ☆☆☆

何かと話題の政治家、小沢一郎氏が1999年に出版した本です。
一様著者は、小沢氏になっているが会話集の要素が多く、三苫雅文氏が編集しているので実質この方が作ったものと言ってもいい。

小沢.jpg


本の2/3は、インタビュー内容です。
ちょうど小沢氏が自由党の党首で自民党と連立政権を組んでいた時代がメイン。

政治家が書いた本なのでフラットな気持ちで読んでみたが、疲れもあってか書いてあることがみんなよいことに思えてくる。
最近、夫人の手記が話題の小沢氏だが、当時と政治に関する基本理念は変わっていないようです。

10年以上前のことなので特に記すことはないのですが、小沢氏が2世議員だとは知らなかった。
それが唯一の収穫か(笑)
ブログで政治に関することは書きたくないのであまり書かないが、ある意味小沢氏のようなパワーのある政治家が今は必要なのかも。

政治家さんに共通して思うのが、官僚の考えを理解して官僚を操るようにならないと、日本の政治は変わらないと思います。
議院内閣制である限り。
アメリカなどでは、大統領が変わればホワイト・ハウスのスタッフは総入れ替えですけど、日本は絶対変わらない。
彼らは頭がいいし、根本的に何かを変えないと無理ですね。
この中に書いてある小沢さんの官僚に関する意見では、官僚と対決するだけで無理ですね。

新しい強いリーダーシップを持った政治家の登場を期待するしかないというのがこの本を読んだ感想です。

それでは[手(パー)]



読書日記 ブログランキングへ

ポッチとしてくれると助かります。(*^。^*)



男の行動美学 (Better future series)

男の行動美学 (Better future series)

  • 作者: 小沢 一郎
  • 出版社/メーカー: プラネット出版
  • 発売日: 1999/09
  • メディア: 単行本





nice!(56)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本(小沢一郎) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。