So-net無料ブログ作成
検索選択
本(小堺桂悦郎) ブログトップ

読書の時間 ’12の129 [本(小堺桂悦郎)]

129 なぜ、社長のベンツは4ドアなのか? 決算書編 (フォレスト出版) 小堺桂悦郎 ☆☆☆☆


ベンツ2.jpg

 前々回の記事の続編です。
 決算書編と書いてあるように、中小企業の社長さんの資金繰りの話あれこれ(笑)

 決算書編といっても財務三表と呼ばれる「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」を中心とした話。
 前回もそうでしたが、中小企業が如何に金融機関から融資を引っ張れるか?
 それがメインかな。
 あと多かったのが、株で穴を開けてしまったのをどうやって隠すか?
 なんて話が多かった。
 年商10億円の会社で社長が株で5,000万円損したとか・・・

 自分も多少株式はかじるが、会社の金はまずいでしょう。
 中小企業の社長さんだと会社と自分の財布が同じなんてあるんだろうな。

 変な話、財務三表だったら最初にどれを見ますか?
 私は株取引をするときは、ファンダメンタル派なんで財務三表はしっかり見ますけど、キャッシュフロー計算書ですね。
 (株を始めるときに50冊ほど本を読んで、色々試しましたが結局ここに落ちつきました。)
 でも、結局は過去の数字なんですよね。
 自分ごとで何なんですが、この間は通帳を持ってこいと言われましたね。
 書類の数字は作れるけど、通帳の数字は作れなかった。(差額は現金で持っているといいはったが・・・)
 
 この本を基本的な会計の本とは思わないほうが良いと思う。
 ある程度財務諸表が読める人が笑える本と思ったほうがいいですね。
 ちなみに著者のクライアントの皆さんは「自転車操業クラブ」の会員の皆さんだとか(笑)
 自転車操業でもベンツを乗り回せればご立派です。

 税制は毎年変わっているので、この本のことが今全て通じるとは思わないほうがいいですよ。
 それでは[手(パー)]



読書日記 ブログランキングへ


ポッチとしてくれると助かります。(*^。^*)

 10月末で今の事務所を引き払って移転します。
 そんでもって時間を見ては荷物整理をして、運んでいます。
 昨日もそうだったんですが、そんなときに限ってお客さんからお電話が・・・
 新規のお客さんだったのですが、今までやったことの無い分野だったこともあって、思わずお断りして同業者を紹介してしまった・・・
 う~ん。
 よく考えれば、出来ないこともない仕事だったのに、amazonの商品等を整理していたので頭の中は、アマゾンでの☆☆☆☆☆☆☆☆になっていたのかも・・・

 そんな事情で今まで以上にアップの間隔が伸びるかもしれませんが、出来ればお付き合いしてください。
 てへへ・・・


nice!(55)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

読書の時間 ’12の127 [本(小堺桂悦郎)]

127 なぜ、社長ベンツは4ドアなのか?(フォレスト出版)小堺桂悦郎 ☆☆☆☆

 ベンツ.jpg


 読むのは2回目かな?
 元銀行員、元会計事務所職員で現在コンサルタントをしている小堺氏の著書。
 
 中小企業経営者、個人事業主を対象とした会計、経営コンサルの話。
 タイトルは経費、減価償却の考え方から来ている。
 
 なかなか笑えます。(*^。^*)
 一番面白いのが第4章と第5章。
 第4章は「粉飾決算」の話。
 一部上場企業なんかが粉飾やったら一大事ですが、中小企業だと???
 なぜ、粉飾をするのか?
 それは、金融機関から融資を引き出すため。
 面白いもので、税務署は多く税金を払う場合には文句を言わない(笑)
 あくまでの申告主義ですからね。
 そして、税金を支払い、納税証明を出してもらい金融機関へ。
 今もこれが使えるかどうかは別ですが。

 第5章はその逆。
 「抜く」。
 ような脱税。
 小堺氏が体験した色々なケースを紹介している。
 よっぽど税金を支払うのが嫌なのか(笑)
 
 そのほかにも「株」「生命保険」等経費に算入して何とか課税標準額を減らそうとしているのが楽しい(笑)
 
 ここでちょっとご紹介。
 この本では、経営者、個人事業主の節税対策のドタバタ劇が書かれているが、サラリーマンはどうなのか?素朴な疑問があると思います。
 
 多くの方はご存じだと思うのですが、念のためちょっとだけ。
 ざっくり書くと、自営業者等は、収入から必要経費を引いたものが所得。
 なので、この経費に認めてもらおうといろいろ画策するわけです。
 そこで、サラリーマンは?
 収入額から、金額に応じた「給与所得控除額」というのを差し引いて、税金を計算するわけです。
 これは、国、国税庁が決めているもの。
 自分で何か必要経費として認めてもらうことができないのです。
 その意味でも、一番損をしているとか言われているわけです。

 ただ、中小企業主もいろいろ大変みたいですね。
 なぜか?
 職種にもよりますが、経費の認め方が年によって変わるので税制改正について事前に調べるか、顧問契約している会計士や税理士に相談しないと、経費にならないものを購入したりすることもあるらしいのです。
 
 また、会計上のマジックもありますので、当該年度の決算書だけでは判断できないんです。
 これから、事業を始めようとか、社長が中古のベンツを買った(タイトル通り)なんてときは読んでみると良いのでは。
 それでは[手(パー)]



読書日記 ブログランキングへ


ポッチとしてくれると助かります。(*^。^*)


 久しぶりの投稿です。
 最近周りがバタバタ、そんでもって自分もバタバタ。
 みなさんの所にお邪魔するのもちょっと時間がかかりそうです。
 申し訳ない。m(__)m
 

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

なぜ、社長のベンツは4ドアなのか?誰も教えてくれなかった!裏会計学

  • 作者: 小堺 桂悦郎
  • 出版社/メーカー: フォレスト出版
  • 発売日: 2006/05/20
  • メディア: 単行本




nice!(62)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
本(小堺桂悦郎) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。